何度も呼ぶ声

何度も何度も怒鳴っていた彼等は消えた

赤い線を引いていた私はその声の主を忘れてしまったのだろうか

彼等が私の中に居てそれは存在してはいけないものであって

散々暴れた後眠りについてしまった

 

1.器から抜き出し消す

2.恐怖を与え消す

3.隔離し強制的に壊し消す

 

破壊は構築する為には必要な作業

私はもう大丈夫らしい

普通に会話ができるのが嬉しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください